マーケティング

まだSNS活用してないの?営業マンがSNSマーケティングで売り上げにつなげる方法

  •  SNSを営業に活用したいけど、どうやって使っていいか分からない!
  • いくらビジネスでの投稿をしてもイイ反応がない!
SNSをビジネスで使ってはみるものの、イマイチ反応がよくなかったり、どのSNSをどうやって使っていいか分からないという方も多いのではないでしょうか。
もし、投稿があなたのビジネスの話ばかりであれば、要注意です!
あからさまにビジネスの投稿ばかりすると、フォロワーから嫌われてしまい、せっかく投稿した記事が読まれなくなります。
営業マンがSNSを効果的に使って結果につなげたいのであれば、あえて「ビジネス投稿をしない」ことが大切です。
今までの投稿の内容がビジネスメインの人は、ビジネスでの投稿割合を減らすだけで、すぐに効果を実感できると思います。
あなたが、いちユーザーの立場で考えた時に、ビジネス投稿ばかりの人ってスルーしてしまっていませんか?笑
その投稿の内容が、有益な情報だったとしても、多くの人がビジネス投稿をスルーしているのが現状です。
そんなに堅苦しくSNSを使うのではなく、もっと気楽に取り組めたらSNSと楽しく付き合っていけると思いませんか?
あなたが楽しく投稿していると、読んでいる人も楽しい気持ちになり、次に投稿した時も読んでくれる可能性が上がります。
売り込みが苦手な営業マンである私も、SNS(特にFacebook)を最適化してから、SNS経由での仕事の依頼が大幅に増えています。
今回は、SNSを活用したい営業マンのために、成約につながるSNSの活用法をご紹介します。
これを読むだけで、SNSと楽しく付き合いながら仕事につなげる活用法がわかりますよ。
では、早速見ていきましょう!
※ちなみに、私が使っているSNSは主にFacebookです。

SNSで仕事につなげたいならビジネス投稿厳禁!

ビジネス投稿は華麗にスルーされます。
特に、Facebookはビジネスユーザーが多く、企業の広告やイベントの告知など、うざったいくらいにビジネス系の情報がフィードを席巻していました。
それが原因でFacebookを離れていったユーザーも多かったとか。
Facebookは、そんな状況に危機感を感じて、企業の広告やビジネス投稿はあまりフィードに流さずに、家族や友人などの関係性の深い人の情報でフィードを充実させる方針を発表しています。
時代の流れは「ビジネス投稿排除」なんですね。
そもそも、私もビジネスユーザーではありますが、毎回自分のブログのリンクを貼って誘導しようとしている人や、イベントやセミナーの誘いばかり送ってくる人は、フォローを解除しています。
とにかく、ビジネス投稿はほとんどのユーザーに見られていませんし、ビジネス投稿をすることで、あなたのフォロワーは離れていきますので、ビジネス投稿を連発している人は、今すぐ控えることをおススメします。

営業マンのSNS活用法

ビジネス投稿がダメなのに、SNSなんて使っても意味あるの?
問題ありません。むしろ使った方が絶対にいいです。
私はSNS経由での仕事の依頼が月に1~2件は発生しています。
宣伝広告費は1円も使わずに毎月新規案件を1~2件獲得できると思ったら、めちゃくちゃ費用対効果が高いと思いませんか?
ここからは、私がどのようにSNSを活用しているのかを紹介しますね!

SNSには共感投稿を!

繰り返しになりますが、SNSでの売り込みはNGです。
SNSを使う時代での消費者行動を分析すると、『共感』が大きなカギを持っていると言われています。
なので、営業マンの正しいSNS活用のキーワードは『共感』です。
ここでは、説明のために電通が提唱しているSIPSの法則を引用します。
ソーシャルメディア上では、企業からの一方的なリコメンド(自社の商品を「これがいいよ!」と勧め、口説くこと)はほとんど価値を持たない。
友人・知人の客観的なリコメンドの方が圧倒的に信用できるからである。
価値を持たないどころか邪魔な存在になる。
ましてや大声でアテンションを喚起してリコメンドするとなると反感すら抱かれかねない。
友人・知人のつながりの中に土足で入り込んで自社製品名を大声で叫ぶことに等しい
からである。
では、どうすればいいのかというと、「共感」がキーポイントになる。
  • S…Sympathize(共感する)
  • I…Identify(確認する)
  • P…Participate(参加する)
  • S…Share&Spread(共有・拡散する)
SIPSの法則をざっくりと説明します。
SNS活用している消費者は、友人や知人、有識者、有名人などの「自分が共感している人」からの情報を信頼します。
そして、その情報をさらにリサーチして、自分に合うものなのかどうかを確認します。
自分には価値があるものだと確認が出来たら、商品を購入したり、コミュニティに参加したりします。
その後、使用レビューやコミュニティ活動についてSNS情報で登校、拡散します。
あなたがSNSを使って消費者に情報を届けたい場合は、まずはあなた自身が『消費者に共感される人間であるかどうか』が重要になってきます。
そこで、営業マンがSNSを通じてするべきことは『共感』してもらえる投稿だということです。

共感してもらえる投稿とは?

では、どんな投稿をするかというと、あなたの営業マンとしての価値観やスタンス、思想などを盛り込んだプライベートな投稿です。
  • 休日の家族旅行の話とか、仕事での失敗談とか、笑える話
  • 楽しさ・うれしさをメインにしたポジティブ投稿
  • 仕事に対する意気込みや価値観など
あなたの仕事の内容を知ってもらうのではなく、あなた自身について知ってもらえるような投稿を心がけます。
『この人ってこんな人なのね』
『へぇ~、この人ってこんなところあるんだ』
そう感じてもらうたびに、SNSのあなたのフォロワーの頭の中で、あなたに対してのイイ印象が積み上げられていきます。
営業マンであるあなたに対して共感が生まれると、あなた自身に対しても消費者はリサーチをかけます。
『この人って何者なの?』
『この人の仕事って何なのかな?』
そして、あなたのプロフィールを見てあなたのことを深く知り、
『○○のことならこの人に相談しよう!』
『○○で困っている人がいたら、この人に紹介しよう!』
と、あなたの扱っている商品やサービスにつながっていきます。
共感してもらうための、ビジネスとは関係ない投稿から、最終的にはあなたの商品やサービスに着地していくわけです。

SNS投稿のポイント

私がSNSを使う上でのポイントをまとめておきます。

ビジネスプロフィールをつくっておく

SNSユーザーで、特定の人に興味が湧いたら、プロフィールをチェックする人は少なくありません。
その時に、何も情報を得られなかったり、読む人のために用意されたプロフィールではない場合、せっかくのチャンスを棒に振ることになります。
プロフィールは、あまり読まれる頻度は高くはありませんが、しっかりと作り込んでおきましょう。
プロフィールの作り方のポイントは2つです。
  • ストーリーで語る
  • ダメだった自分→今の自分(落差をつける)
例えばこんな感じです。
私の社会人のスタートは、営業が全然できなくて苦しみに苦しみ抜きました。
営業が大嫌いになり、何度も会社を辞めたいと思いました。
でも、とある会社のトップセールスの話を聴いて『マーケティング』について学ぶことによって、売り込みが苦手な性格のやさし目な自分でも、成果をつくることができました。
そして、売り込まなくても売れる営業スタイルを身につけた結果、営業が大好きになりました。
今は、完全歩合制でのプロの営業マンとして働きながら、売り込みが苦手な営業マン向けにブログで情報を発信しています。
ちなみに、これは私のプロフィールです。
私のビジネスプロフィールについては、コチラから詳細を確認できますので参考にしてみて下さいね。

投稿頻度を重視する

人は、よく会う人やよく見る人に対して好意を感じます。(ザイオンス効果)
なので、3日と投稿が空かない方がいいと思います。1日1回できれば効果的ですね。
投稿頻度を高めることで消費者との親密度は勝手に上がっていきます。
投稿の記事の質を上げることよりも、写真+ひと言でも構わないので頻度を意識しましょう。

専門家としての認知をとる

共感してもらえるような投稿を頻繁にしていると、少しビジネスライクな文章を投稿した時も興味を持って読んでくれるようになります。
そして、ここで売り込みにならないように、自分の仕事のことをアピールします。
仕事のスタンスや想いとともに、キラーフレーズが伝わるように投稿します。
キラーフレーズ

○○という悩みを、△△という方法で解決する専門家の××です!
このキラーフレーズを、投稿の5%くらいに織り交ぜていけば、専門家としての認知をとることができ、あなたの投稿を見ているユーザーが

「○○っていう悩みがあるなら××さんに相談したらいいよ!」

という口コミ紹介を起こしてくれる可能性が高まります。
私はかなり専門分野を絞っているので、実は私のFacebookの投稿を見た同業者から顧客を紹介してもらうことさえあります。
キラーフレーズについては『マーケティングを学んで価値を売れ!優しい営業マンが売り込まなくても売れる営業の裏ワザ』という記事で書いていますので読んでみてくださいね。
※目次で4-1-①のところがキラーフレーズの詳細です。

まとめ

今回の話をまとめると、
  • 共感を得られる投稿をする頻度を高める
  • 興味を持ってくれた人のためにビジネスプロフィールを作りこむ
  • キラーフレーズを繰り返し刷り込んで専門家としての認知をとる
という内容でした。
電車に乗ると、そこにいるほとんどの人がスマホに目をやっていますよね。
ちょっとした空き時間にSNSをチェックしている人は多いです。
何百人・何千人という人に無料でアクセスできるSNSを有効活用できるかどうかで、営業マンの成果も大きく変わってきます。
私は月に1~2件の仕事の依頼がSNSから発生しています。
ちなみに全ての案件がFacebookから発生しています。
InstagramやLINEに押されてユーザーの数は減っていると言われるFacebookですが、私としてはまだまだ活用できると考えています。
特にFacebookはビジネスユーザーが多いので、戦略的に投稿できれば何らかのカタチで成果は出やすいと考えています。
あまり難しく考えてもよくないので、気軽に楽しみながらSNSをビジネスに取り入れていきましょう!
今回は、『まだSNS活用してないの?営業マンがSNSマーケティングで売り上げにつなげる方法』という内容でした!
この記事を書いた人

売り込みの苦手な現役営業マンです。
売り込みの苦手な性格のやさしい営業マンに向けて役立つ記事を書いています。
ほっこり営業LABO管理人(https://sales-value-up.com/
あまりTwitterには慣れていません。
詳しいプロフィールはコチラです。

マルをフォローする
マーケティング
\記事が役に立ちましたらシェアお願いします/
マルをフォローする
ほっこり営業LABO

コメント