身だしなみ

トップ営業マンが靴磨きを欠かさない理由【外見は内面の一番外側】

靴磨きなんかしても、すぐに売り上げがあがるわけじゃないしな…

そう思って、ついつい後回しにしてしまっていませんか?

確かに、靴を磨いたからといって、明日から急激に売り上げが伸びることはありません。

しかし、長きにわたって売れ続けている営業マンの多くが、靴磨きを習慣としているのも、また事実です。

 

実は、彼らが靴を磨く理由は「身だしなみを整える」ということだけではありません。

靴を磨くことによって「身だしなみを整える」と共に「心を整えている」んです。

営業マンにとってメンタル面は、成績を大きく左右する部分なので、いつも心が整っていることは非常に重要ですよね。

 

今回は、トップ営業マンが靴磨きを欠かさない理由と、簡単に実践できる靴磨きの方法をご紹介します。

トップ営業が靴を磨く理由①身だしなみを整えるため

トップ営業が靴を磨く理由①身だしなみを整えるため

売れている営業マンほど、見た目に気を遣います。

なぜなら、営業成績を上げるためには、「いかに顧客から信頼を獲得するか」が重要だと心得ているからです。

初めて会う営業マンの評価は、ほぼ「見た目」の第一印象で決まってしまいます。
「人を見た目で判断してはいけない」という格言がありますが、初対面の人は「見た目以外で判断できない」のです。

 

営業マンは見た目が9割!でも高級スーツは絶対買うな!

営業マンは見た目が9割!でも高級スーツは絶対買うな!
営業マンは第一印象を大事にしないとな。高級スーツでも買ってカッコよく営業したいな! 第一印象を良くするために、身だしなみを整えることは大切です。 だからって、「高価なスーツを着ていればOK!」なんて安易に考え...

 

スーツやシャツもあるのに、なぜ靴にこだわるの?

営業マンであれば、靴だけでなく、シャツやスーツ、カバン、頭髪など、気を遣うべき点はたくさんあります。

その中でも、なぜ靴にこだわるのか?というと「靴は最も汚れやすい」からです。

スーツやシャツもあるのに、なぜ靴にこだわるの?

シャツは1日着たら洗濯しますし、スーツもシーズンごとにクリーニングに出すので、汚い状態で着ている人の方が少ないのではないでしょうか。

しかし、靴は1日履くと、踏まれたりぶつけたりして、簡単にキズや汚れがついてしまいます。

 

昔は駅の構内で、靴磨き屋さんが当たり前のように商売していて、朝の通勤途中に磨いてもらうということもできました。

しかし、現在は規制が厳しく、靴磨きを請け負ってくれるお店を見つけるのも一苦労。

「靴をキレイにしよう」と思ったら、自分で靴磨きをするのが、最も早くて確実な方法なのです。

 

靴は汚くて当たり前。だからこそ磨く価値がある!

一般的には「靴は汚れていて当たり前」という認識があります。

街を行き交う人の靴を見てみてください。ピカピカの靴を履いている人を見つけることが、どれだけ難しいか分かるはずです。

そんな「汚れていて当たり前」な中、ピカピカに磨き込まれた靴を履いているとどうなるでしょうか?

 

あ、あの人靴がピカピカだー!

すげー!デキそう!

 

単純ですが、「細かいところに気を配れる人=信頼できる人」という印象を持たれます。

「汚れた靴を履いているのが当たり前」だからこそ、磨く価値があるのです。

トイレがキレイな飲食店って、店内も清潔な印象があるのと同じですね。

あなたが飲食店のトイレで「こんなトイレだとうれしい」と感じるときはどのようなときですか。

引用:あなたが飲食店のトイレで「こんなトイレだとうれしい」と感じるときはどのようなときですか。(TOTOお客様調査)

「汚いのが当たり前」の部分をキレイにすることで、全体の印象が底上げされますので、営業マンにとって第一印象をよくするなら、靴にこだわることは重要なんです。

トップ営業が靴を磨く理由②心を整えるため

トップ営業が靴を磨く理由②心を整えるため

「靴磨き」という行為そのものが、精神面にもいい影響を及ぼすことがあります。

大掃除した後の気分を思い出してみてください。1年たまった汚れをゴシゴシ落として、キレイになった部屋を見ると、気持ちがいいですよね。

靴磨きも同じで、靴を自分の手でキレイにすることで、気分がスッキリ整います。

 

マル
マル

外見は、内面の一番外側ですね!

 

身なりが整っていると自信にもつながります。鏡に映った自分が「デキる営業マン」だと、デキる営業マンのように振る舞えるモノです。

セルフイメージを高めて心を整えるために、靴磨きは非常に有効です。

自宅で簡単にできる靴磨き方法

自宅で簡単にできる靴磨き方法

革靴って、手入れしたいけど、逆にダメにしそうで怖い…と思っていませんか?

大丈夫です。これからご紹介する方法でお手入れをすれば、革を傷めずにきれいな状態を保つことが出来ます。

自宅で簡単にできる方法なので、ぜひ実践してみてくださいね。

水拭き

1万円前後の安価なビジネスシューズであれば「ガラスレザー」が使われていることが多いです。

こんな感じのツヤツヤの革です。

「ガラスレザー」は、お手入れの手間を省くために、あらかじめ革の表面を樹脂で加工してあります。車やフローリングに、キズや汚れがつきにくいように、ワックスをかけるのと同じですね。

なので、基本的なお手入れは、カタく絞った布で表面の汚れを拭き取るだけでOKです。

しっかり水拭きした後は、拭き後が残らないように乾拭きしておきましょう。

 

マル
マル

布はタオルでも雑巾でも、何でもOK!

 

靴クリームを使う

ワンランク高い仕上がりを求める方は、靴クリームを使ってみましょう。

全体に薄くクリームを伸ばして、乾拭きするだけでOKです。

ポイントは、クリームをごく少量にすることです。

たくさん塗ったら、それだけキレイになりそうな気がしますが、逆効果なので、1足に対して米粒2~3粒程度が適量です。

靴のクリームは何でもいいと思いますが、私は国産の「コロンブス社」のものを使っています。

色は、ニュートラル(無色)がおススメです。ひとつ持っておけば、すべての色の革靴に使えるので便利です。

コロンブスは、国内最大手のシューケア用品メーカーなので、品質や安全性に問題がないのがイイところですね。

靴磨きをしてトップ営業マンに!

靴磨きをしてトップ営業マンに!

本記事では「トップ営業マンが靴磨きを欠かさない理由【外見は内面の一番外側】
」という内容をご紹介しました。

  • 第一印象を良くしたければ靴にこだわりましょう
  • 汚れていて当たり前だからこそ、磨く価値がある
  • 靴を磨くと心も整う

靴磨きをすることで、劇的に売り上げがアップするわけではありません。

営業の成果というのは、小さな努力を積み重ねたその先に、大きな違いとなって現れます。

「成果に直結しないけど大切なこと」をひとつひとつ大切にして、外見だけでなく内面も高めていくことが重要ではないでしょうか。

「誰でもできることを誰にもできないくらいやる」これこそが成功の法則だと思います。

 

今回は「トップ営業マンが靴磨きを欠かさない理由【外見は内面の一番外側】」という内容でした。

【営業マンの靴】茶色の靴はアリ?営業マンに黒の革靴をススメる理由
黒い革靴に飽きてきたから、茶色の靴を検討してるんだけど、営業マンの革靴は茶色でもいいの? こんな疑問に答えます。 営業マンとしてデビューして仕事に慣れてくると、仕事道具を新しく買って、気分を変えてみたくな...
【売れている営業マンの髪型】第一印象で減点されないヘアスタイルとは
営業マンに向いているのってどんな髪型だろう? 髪型って営業の成果にかかわるの? できれば営業向きの髪型にしたいなぁ… こんな疑問に答えます。 営業マンは第一印象が大事!と言われますが、その中でも顔に最...

 

この記事を書いた人

売り込みの苦手な現役営業マンです。
売り込みの苦手な性格のやさしい営業マンに向けて役立つ記事を書いています。
ほっこり営業LABO管理人(https://sales-value-up.com/
あまりTwitterには慣れていません。
詳しいプロフィールはコチラです。

マルをフォローする
身だしなみ
\記事が役に立ちましたらシェアお願いします/
マルをフォローする
ほっこり営業LABO

コメント